Welcome to my blog

涸沢ヒュッテ-ザイテングラート-奥穂高岳-北穂高岳~【2018/7下旬】

うしまる

うしまる



涸沢ヒュッテの朝、体調は万全、台風は昨夜のうちに
若干スピードが落ちて、今日は影響が無い模様
運よく何も問題が無い最高の朝です



今日の行動は、涸沢ヒュッテからザイテングラートを登り
奥穂高岳の山頂に行ってから折り返し
奥穂と北穂を繋ぐ、涸沢岳の稜線を越え
遠くに見え隠れする槍ヶ岳を目指すロングコースです



ヒュッテからの道は、少し上で涸沢小屋から伸びる登山道と合流します



奥穂への登りはザイテングラートと呼ばれ、何故か事故が多く
ちょっと恐ろしげですが、普通に注意して登れば
全く問題の無い場所です

おそらく私はここ数日天気が良く、岩が乾いて
靴のソールが張り付くようにグリップしていたので
相当楽だったのでしょう

岩場は濡れると一気に滑りやすくなったりします



穂高岳山荘到着 ⇔穂高岳山荘のHP





穂高岳山荘からの岩場は、最初だけ梯子や鎖が緊張感を
かもしていますが、その後は比較的楽に登っていきます





山頂直下



日本で富士山、北岳に続く三番目の標高を誇る
奥穂高岳の山頂到着





透明度が素晴らしく、この先進むルートが鮮明に見えています



奥穂からの下山時に、私の歩く足元の直ぐ隣の岩から
「くるっくーっ!」と鳴きながら雷鳥が出てきました

こいつらヽ(´∀`ヽ) 逃げ足遅いくせに警戒心が全然無いと言うか・・



登ってる時は感じないのですが、
下る時に改めてみると、登山道を示す白○がトンでもない所に付いてるな・・と



穂高山荘から涸沢岳への登りは楽ですが
涸沢岳の山頂から、鎖場の急な下りが続き
D沢のコルまで緊張する路になります

この日は岩のグリップが非常に良く
お陰でかなり楽に下れました

今回山行の途中で持ってきた愛用のグローネルの山靴が
ソールが剥がれるトラブルで、急遽モンベルストアで
在庫があったタイオガブーツ ワイド Men'sを購入しました

実は私は靴に関しては、考え方が古くて分厚い革の重登山靴を
長年愛用してたのですが、今回選択肢が無いまま間に合わせた
モンベルの靴が良くて良くて・・

脚は楽だわ、軽いわ、グリップ良いわ、もう文句ありません
札幌戻ったら同じのもう1つ買い足して、今後の夏靴はモンベルで行きます

今回はこいつに物凄く助けられました




どんどん降ります!懸垂下降ですすーっと降りたら楽だろうな~と



たまに逆サイドからヒョコッと人が現れて
お互いに譲り合いながら交錯していきます





降りてきた場所を振り返ると・・おおー険しい~



まだまだ降ります



どこルートかしら?と悩む場所も進んでいきます



カメ岩を登りきった所が稜線の一番低い場所
最低コルになります

此処から北穂高岳への登りは、もう難しいところはありません



遂に奥穂から北穂へのキツイ稜線クリアー



稜線上の標識に、槍ヶ岳の文字も出てきます





北穂高岳山頂到着ー ヽ(´∀`ヽ)


続くー










上高地~涸沢ヒュッテ
涸沢ヒュッテ-ザイテングラート-奥穂高岳-北穂高岳
北穂高岳~槍ヶ岳
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2018-08-14
Posted byうしまる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply