Welcome to my blog

笠ヶ岳山荘-弓折岳-双六小屋-三俣蓮華岳-三俣山荘~【2018/7月下旬】

うしまる

うしまる



槍ヶ岳の稜線から昇る朝日(笠ヶ岳山荘の玄関から)



山小屋の晩御飯はだいたい5時

登山者の大半が気温がまだ涼しい早朝から行動してるので
夜の5時にお腹が一杯になると、早い時間に寝てしまいます

当然日が昇る頃には、勝手に眼が覚めるわけで
健康的過ぎるタイムスケジュールに変化していきます



この日は笠ヶ岳山荘から双六(すごろく)小屋を経て、三俣山荘まで行く
稜線上の快適な散歩道です



途中、笠新道との分岐地点を通り過ぎると
直ぐには下界に降りれない奥地へ行く興奮を感じます



私は花の名前は全くわからないのですが綺麗でした



空は真っ青!トンボ先生が舞っていて不快な虫は皆無!



弓折岳(2,588m)に到着



弓折岳山頂を越えて、直ぐの場所に鏡平へ降りていく分岐があります
下山時のルートは此処まで戻ってきて、鏡平へ降りていく予定

北アルプス 笠-三俣-黒部五郎-鷲羽-水晶



弓折乗越(のっこし) 

ど真ん中のトンガリ帽子が槍ヶ岳



双六(すごろく)小屋の手前、花見平のベンチ

雪渓が残っていると、涼しい空気が流れてきて超快適です



登山道の彼方に、山小屋の屋根が見えると元気が出るのです



双六(すごろく)小屋が見えてきました



双六小屋手前にあるキャンプ指定地

双六池があって、樅沢岳(もみさわだけ)と双六岳(すごろくだけ)に
囲まれた盆地で、絶景のキャンプ場です



双六小屋到着ー



双六小屋から三俣山荘までの基準タイムは
稜線に上がって双六岳の山頂経由で行くと3時間
稜線には上がらないで、巻き路を行くと2時間30分

↑画像は巻き道です



今日の宿泊地、三俣山荘が見えてきました

山荘の背中に鷲羽岳(2,942m)を背負った良い景色です





三俣山荘に到着する直前は、映画となりのトトロに出てくる
森のトンネルのような場所を通過します



三俣山荘到着ー ヽ(´∀`ヽ)



中からも外からも上れる2階部分が食堂になっています



三俣山荘ではジビエ(狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉)を推進しています
具体的には、ニホンシカが近年生息域を拡大しつつあり
樹木を守るために駆除した固体は、出来るだけ食べてあげようというもの

私が暮らす北海道では、エゾシカの被害が物凄いですから
大々的に駆除して、廃棄するよりなるべく有効活用を!と言う事で
富良野周辺に、鹿肉の加工場が建設されて
札幌の有名ホテルでもエゾシカ料理のフルコースとかやっています

と言う事で、ジビエ丼(鹿肉丼)おススメです!



山荘の玄関に掲示されてるボード

想定通り、明日、明後日は青天になる模様



この日はまだ三俣山荘も、それ程混雑してはいませんでした

しかし受付のスタッフが電話で、週末の予約は断っていました
天気の良い日が続いていますし、週末の山荘はエライ事になっていそうです



三俣山荘の指定された部屋は、畳の香りがする綺麗な部屋でした
壁の板も綺麗ですし、最近リフォームしたのかしらん?



昼に到着してるので、日が落ちるまで充分時間があります

山小屋のこんな時間は実にいいもので
脚の心地良い疲れを感じながら、ストレッチしたり
コーヒーを沸かして飲んだり
山小屋に置いてある本を読んで過ごします

この本面白かったです!
しかも、今自分が居る三俣山荘に関連する撤去命令と言う
ショッキングなドキュメント

夢中になって晩御飯の準備が出来ましたー!と呼ばれるまで読んでました



三俣山荘の、夜のメニューはジビエ料理(鹿肉)のシチュー

ビーフシチューの様にシチューとよぶべきか?スープカレーとよぶべきか?
私は後者のスープカレーが適当だった印象

こいつがですねー 凄く美味かった! ヽ(´∀`ヽ)
同室の方とも同じ意見でしたが、街でコレ出してくれる店があったら
通うレベル

水も燃料も、食材も限られる山荘でコレは凄いです
そもそも常駐してるプロの料理人とかは居ない筈ですが
アルバイトのスタッフ、どうやって造ってるのでしょう

美味い晩御飯で満腹になって、シアワセな山中2日目の夜が更けていきます













新穂高温泉~笠新道~笠ヶ岳
笠ヶ岳山荘-弓折岳-双六小屋-三俣蓮華岳-三俣山荘
三俣山荘~鷲羽岳~水晶岳~黒部五郎小屋
黒部五郎小屋~黒部五郎岳~双六小屋~新穂高温泉
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2018-08-17
Posted byうしまる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply