Welcome to my blog

開門岳~【2018/9/下旬】

うしまる

うしまる



かいもんふれあい公園キャンプ場の朝

開門岳は、薩摩半島の南端に位置する単独峰です

標高こそ924mと低めですが、海から聳える
見事な富士山型の姿は実に見栄えのするもので
円錐を時計回りに登る、珍しい登山道も登り応えがあります



キャンプ場から2合目の登山口までは、舗装道を歩きます
登山口にマイカーを停めるスペースは無いので
外来者もふれあいキャンプ場の広い無料駐車場に停めて大丈夫です



2合目の登山口



開門岳は、海岸線に聳えてるので、登山道から
眼下に鹿児島湾が見えるのですが
樹木が茂っているので、見える地点は残念ながら限られています



木々に囲まれた登山道を、5合目まで標高をあげると
展望台に到着します



5合目展望台



登山道は時計回りに、北から山頂へ
ぐるっと1周して到着します

山頂から見て東から南に至る間(5合目~7合目)では
所々で海を眼下に見下ろすことが出来ます



南を過ぎてからは山頂へ至るまで岩場と
樹木の間を縫って進むのでまた視界は悪くなります



7合目から見える鹿児島湾



9合目を過ぎた後、山頂直下に唯一ある梯子



1時間40分程で山頂到着!

キャンプ場から見上げた開門岳は、山頂付近だけ
傘の様に雲が掛かってたのですが・・・

雲が居座ってるやんかー ; ̄ロ ̄)!!

むー・・・

アライのビバークツェルトソロを被って
1時間くらい粘りましたが晴れず

無念の下山です



キャンプ場まで降りてきて山頂を見上げると
やっぱり上だけ雲をチョコンと乗せたまま

くー またいつかきっと来てやるからな~(何時になる事やら)



地元のおとーさんが、下山したら是非此処へ行きなさい!と
強く勧めてくれたので、汗を流しに指宿名物、砂蒸しもある玉手箱温泉へ



温泉の露天風呂、最高でした!
今回、屋久島には渡らないので、コレにて九州から反転して帰ります

現在活きのいい台風が、九州南方に迫っていて
コレから逃げるように北上です
おそろしや、おそろしや


関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2018-11-10
Posted byうしまる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply