Welcome to my blog

北岳山荘~間ノ岳~広河原 【2018/10/中旬】

うしまる

うしまる

PA142476kai6501111 (1)

明けて北岳山荘の朝

北岳山荘ではペレットストーブが燃えています
昨晩は、凍結防止で水落としがされているので、水道は出ません

外はうっすらと雪が積もり、強風なのでテントがゴワゴワに凍って
撤収が大変だったそうです

この降り始めの頃の湿った雪は、ホントやっかい
くっつくし、くっついて凍るし、重いし、ウェア湿らせるし
いい事有りません

IMG_4606kai6501111 (1)

前日夕刻までには、山小屋泊の人数は20人少々まで増えています

予報が天候は悪化、荒れる予想なので、小屋泊の半数はそのまま下山
半数が間ノ岳のピストン後下山、といった感じで半々に分かれていました



完全武装して外へ出ると、思ったほど積もってはいませんが
風がつよーい! ; ̄ロ ̄)!! 吹っ飛ばされそうです



北岳から間ノ岳の間の稜線は、険しい転落しそうな
岩場では無いので、滑るのは問題では無かったのですが
強風が大変でした





このような天候になると、私のアイフォンは充電フルの状態でも
取り出した瞬間即落ちします ( ̄(工) ̄)

アプリのYAMAP(ヤマップ)を愛用してるのですが
最近はGPS測位に慣れ親しんでいるので、
腕時計を見ると、越えてきたピークの数と今の高度で
大体の位置は予想が付く!といった昔話はもう出来ません

予想が付く為には、事前に地形図をよく読んでないと
不可能な訳で、寒くなると反省します





間ノ岳の山頂に到着!

周囲は何も見えません ( ̄(工) ̄)

というか湿った雪が、強風で張り付くので
眼鏡が曇って周辺もはっきり見えません

眼鏡というのは、色々と不便なものです
一時期、ワンディの使い捨てコンタクトを試した事がありまして
主にスキー場で吹雪いた時に使ってみて
寒さと風でソフトレンズが変形するという事態が度々起こって使用を止めました
ハードなレンズや最近のソフトだと大丈夫なんでしょうかね?
冬山で使ってる方が居たら伺いたいものです

PA142494kai6501112kai (1)

長居する環境では無いので、そくUターンして、下山開始



北岳山頂を越えて帰るか?八本歯のコルを抜けるか
考え中の登山者

私はちょっと遠回りですが、北岳を越えて行きました
(コケても安全なのは北岳越え)



肩の小屋まで降りてきました
前日、ベンチでお湯を沸かして、のんびりコーヒータイムを気取っていたのに
もうこの日は素通りです




御池小屋まで降りてくると、秋の光景まで時間が戻ります

雪は小雨に変わり、風の威力が消え、穏やかな光景になってきました



広河原に下山~ (((*´ω`*)ノ 

下界は全然寒くなくて、ウェアは途中で脱いで軽くなってます
小雨も止み、風もありません

gatu23niti (1)

この日、広河原のビジターセンターでバス待ちをしていた際に
隣の仙丈ヶ岳で道迷いが発生して、遭難届けを出している
ご家族の方が来ていました

気を引き締め、万全の準備と、常に撤退も視野に!
という教訓をあらためて考えさせられました


広河原~北岳~北岳山荘 の初日の話は⇔此方
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2018-11-22
Posted byうしまる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply