Welcome to my blog

トランプさんは、アメ車が何故売れないか?考えよう

うしまる

うしまる

トランプさん


北朝鮮の黒電話こと、キム君の独り言が最近減ったので
漫才の相方を失った感のあるトランプさん

トランプさんが、以前から
日本は、アメリカ車に関税を掛けて不平等な取引をしている!
仰ってるのですが、現実アメ車に対する関税なんぞ、とっくの昔に0でして・・・

この人、ホントに知識の無いまま喋ってるのかしら?
それとも、ちゃんとわかってるけど、俺はヤンチャで強引だぞ!
ポーズをとってるのかしら?

後者なら、それも策ですからアリですが、前者だったらどうしましょ

そもそも、日本人に車を売りたかったら、何が好まれているか?
アメリカのメーカーは考えた事あるのか疑問です


日本国内 11月の新車販売台数10傑

1位 N-BOX (ホンダ) 19,485
2位 スペーシア (スズキ) 11,812
3位 ムーヴ(ダイハツ) 11,442
4位 デイズ(日産) 11,420
5位 タント (ダイハツ) 11.102
6位 アクア(トヨタ) 10,200
7位 シエンタ(トヨタ) 10,047
8位 ノート(日産) 9,648
9位 ミラ (ダイハツ) 9,154
10位 プリウス(トヨタ) 8,762


はっきりと軽自動車とハイブリッドの独壇場!

シエンタは、以前は目立たない販売台数でしたが
モデルチェンジしてハイブリッドが27.2km/Lを記録すると
売り上げが以前の9倍ほどに跳ね上がりました
(6-7人乗れるファミリーカーとしてはTOPクラス)

私のような、バブル世代のオジサンは
大きなエンジンにステータスを感じたりするのですが
今の若い世代の主流は、ガソリン垂れ流しで走るより
そのお金で美味しい物を食べたり、遊んだりする方が合理的!と
感じている訳です

ランニングコストで、全く勝負にならないアメ車が
日本の大衆に売れる事は、もはやありえないでしょう

後は、ニッチな方向で頑張るしか手はありません
値段が他とは抜けて高い!持ってるだけでお金持ち認定!
これは一定数、確実に需要があります
しかも利幅が大きいので、数売れなくても商売になります

しかしこの方向性は、ドイツ車が以前から頑張っていて
彼らは、テレビや雑誌の評論に金を使い、美辞麗句に溢れる
宣伝記事を流し続け、一生懸命イメージを造ってきました

ステイタスを築いた現在でも、YAHOOニュースなどを見ると
定期的にドイツ車のCM記事は配信されていて
ちゃんと努力しています

アメリカのメーカーには、これらの努力が全くありません

ブランド物の財布やバックを、コレ凄い高性能なの!という
理由で買ってる女性はいないのです
ブランドイメージを長年かけて造らないと、高級路線は難しいでしょう

高性能小型車で、日本メーカーと張り合うのは、厳しいでしょう
高級ブランドで、ドイツ車と張り合うのは、時間を相当かけないと無理
手詰まりなアメ車ですが、唯一成功してるジャンルもあります

JEEPブランド!
欧州車とはベクトルの違う、アメリカンなゴツさ
他には無い立ち位置を持っています

けして高性能では無いのですが、カッコイイ!
ドイツ車とはバッティングしないというのは最大のメリットです
サイズもアメ車にしては小型、右ハンドルあり、販売店もあります

他社は、売る気無いだろー!というラインナップ
これでもっと買え!は無理
押し売りでも、もっとマシなもの持ってきます

結局、トランプさんのやりたい事は
ジャップはフェアでは無い事をやっているとイメージを造って
その後に保護貿易で、アメ車の国内販売を上げようとしてるのでしょう

要は、アンフェアな事をやって、貿易赤字を埋めたいのだけど
そのまま言うと体裁が悪いので、嘘八百でも言い続けて、
あいつらが悪いから制裁する!と建前をつくってから、卑怯な事をするわけ

もうね・・これが大国、アメリカのボスなんだから、もうウンザリですわ

国同士に真の友人は存在しない!
平和ボケの我等日本人は、もっと色々備えなくてはいけないかもしれません




関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2018-12-21
Posted byうしまる

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply